おはようございます。
水野です。

さて今日は、毎週火曜日恒例の、私のサラリーマン時代の
お話であります。

サラリーマン物語のバックナンバーは、こちらをご覧ください。
 → http://www.mizunohiroshi.com/archives/1264594.html


では、早速参りましょう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 私のサラリーマン物語 〜報いがやってきた〜
───────────────────────────────────

コンビニと酒販店の店長を掛け持ちしながら、初めて抱えた
部下たちを相手に、言うことを聞かないと悩みながら、毎日
休みもなく働き続けていた店長時代。

ある日、社長から

「お前、もう一店舗、面倒見てくれ」

と言われました。

この上さらに?! と思ったのですが、話を聞いてみると、
どうやら普通の店舗運営とは話が違う様子。

というのも、面倒見る店舗は、ほとんど休業状態であり、
近日中に会社で買い取るのだけれど、諸般の事情により、
1ヶ月ほどきちんと開店している所を見せなければならない。

だから、売り上げを上げる必要もないし、見かけだけでも
お店をやっているようにしておいてくれさえすればいい。

そんなお話でした。

それならまあ、大丈夫かな、と思って、その仕事を引き受け、
お店に向かいました。


ところが、お店に着いてみると、半分廃墟のような状況。

ほこりがうずたかく積もり、賞味期限切れの商品が所々に置かれ、
棚は壊れ、壁のポスターははがれ、と、見るも無惨な状況。

人ももはや住んではいないのか、と思ってたら、
奥の方からテレビの音が。

そこには、おばあちゃんが一人と、その息子と思われる
汚らしい格好をした男が一人、座り込んでいました。

男の周りには、株式の新聞が散乱し、部屋の方も、
かなりの散らかりよう。

その後聞いた話によると、親が酒屋を経営していたが、
息子がお店を引き継いだ後、株に入れ込んでしまい、
いったんは儲けたようですが、その後ずるずると損を
してしまったようで。

で、お店を売って手放すことで、もう一度株で一発
当ててやろうと思っているとのこと。

バブルがはじけた直後の頃。

この人も、相当の痛手を被ったのだろうけど、
それでもまだ一発逆転を狙って、血走った目で
株式新聞を見ている……

なんともはや、やりきれない話であります。


ということで、そんな新聞をにらみながらぶつぶつ
つぶやいている男と、ただ呆然とテレビを見ている
おばあちゃんを尻目に、ほこりだらけの廃墟のような
お店を片付け始めました。

会社の方からは助っ人も来てくれ、なんとかかんとか
店を片付け、申し訳程度の商品を並べて、お店をオープン
しました。

とはいえ、売り上げを上げる必要もなく、営業している
という体を成していさえすればいい。

要するに、お客さんの来ない店のお留守番だけですから、
子供だってつとまる仕事。

ということで、当初は、アルバイトの一人をこのお店に回し、
自分は今まで通り2店舗のお店を見ることにしていたんです。

しかし、実際にバイトを送り込んでみると、みんな

 「あそこだけは勘弁してください」

と言って、お店番を断るんですよね。

片付けたとはいえ、廃墟のようなお店でしたから、やっぱり
薄汚くてほこりっぽい。

その上、お店の奥には、おばあちゃんと、半分イっちゃった
ような男が、ぶつぶつ言っているというような状況。

そりゃあ、いくら「ただ居るだけでいいよ」と言われていても、
勘弁してくれと言うのも無理はありません。

ということで、結局私がそこに毎日通い、朝から夕方まで
お店番をすることになりました。


言ってみて、改めて実感しましたが、実際、そこにいると、
確かに精神的にきつい。

なんか、お店と一緒に、自分まで駄目になっていくような気がして、
いたたまれなくなってくるんですよね。

さらに、ぶつぶつ言っている男と、年老いたおばあちゃんの、
今後のあまりにもわかりきっている転落の人生を思うと、
本当に気が滅入ってくる。

その上、お客のこないお店番をしているということで、何も生産的な
こともしないのですから、いったい自分は何をやっているんだろうと
思ってしまうんですよね。


自分はこんなところでくすぶっているような人間じゃない。

なのに、毎日毎日、何もせずに、不幸を絵に描いたような
親子と一緒に、廃墟の中で一日を過ごしている。

俺を道具扱いしやがって! 

なんてうちの社長はひどい人なんだろう!


そして、夕方勤めが終わると、言うことを聞いてくれない
パートやアルバイトたちを相手に、悪戦苦闘する……

そんな毎日を続けていくうちに、私はほとほと疲れ果てて
しまったのでありました……
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥

           今日のトーク術・まとめ

          因果応報とは、まさにこのこと

‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

前回のサラリーマン物語で、私はパートやアルバイトのことを
人ではなく、もの扱いをしてしまっていたということを書きました。

しかし、今回は、社長からもの扱いをされていると思っています。

まさにこれは、因果応報と言えるでしょう。


しかし、社長はもの扱いを本当にしていたのか。

当時の私の同僚が、社長にその旨を聞いてみたそうです。

水野のような人間を、あんなお店でくすぶらせておいていいのか。

一応、2店舗の責任者も務めている人間なのに。


すると、社長は

「あいつにとって、何もせずに一日お店にいるというのは
 じっくりと今後のビジネスについて考えるチャンスでもあるのだ」

と言ったそうです。

実際、そのときの会社は、いろんな事業にトライしていくことを
奨励されていましたので、新しいビジネスを考えるには、確かに
いい機会だったようです。

私自身も、いろいろなことにチャレンジできる会社であると
聞き、それなら、最初は店長だけかもしれないけれど、将来は
自分で考えた事業にも取り組んでみたい、などと思って入社した
はずだったんです。


しかし、結果的には、社長が持ってくるビジネスプランばかり
やらされ感を持ってやっているだけで、自分からは特に事業の
提案もせず、日々流されていたんですよね。

で、部下が言うことを聞かずにいらいらしているものだから、
社長の思いなどもこれっぽっちも理解せず、自分がもの扱い
されていると思い込んで、文句ばかり言ってました。


今にして思えば、社長の気持ちもよくわかりますし、文句ばかり
言っている当時の自分の駄目さ加減も痛いほど理解できます。

逆に言えば、こういうことがきちんとわかっていたら、きっと
アルバイトたちとも、そんなにもめず、いらいらすることなど
なかったんだと思うんですよね。

つまり、ここで言う因果応報とは、


 ■ 自分の悪い考え方が起点となって生まれてしまったスパイラル


なのだということなのでしょう。

だから、もしあなたが、つらくて、不幸な目に遭っているとしたら、
出来事の受け止め方でもいいし、人への接し方でもいいから、


 ★ 自分から、プラスに働きかける行動・言動


をとってみてください。

そのうちに、そのプラスの行為が起点となって生まれたスパイラルが
あなたの元に戻ってくることでしょう。

周りと自分を苦しめるスパイラルから抜け出すのは、他人からではなく、
まず自分からだと思って、小さいことでもいいから、プラスの働きかけを
する一歩を踏み出してみてくださいね。



今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。

   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101130


  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
┌──────────────────────────────────
● 1分間で、あなたの魅力を伝え、人脈を広げるトークを身につけよう!

      ★☆★☆  1分間自己アピール講座  ★☆★☆

  DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/speechdvd/?sid=3t

      先着100名の方には、9,800円→7,350円で提供中!

┌──────────────────────────────────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ

      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆

 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t


┌──────────────────────────────────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・

   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」

  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 編集後記
───────────────────────────────────

本当に、このときの会社では、いろんなことを経験させて
もらったんですが、今回のシリーズでは、話の流れ上
扱うことが難しいお話がいくつかあるんですよね。

これらについては、また別途メルマガで個別に扱っていきたいと
思いますが、以前のメルマガでもひとつエピソードを書いたことが
ありましたので、良かったら読んでください。

ただし、ゴキブリが嫌いな人は要注意。

http://www.mizunohiroshi.com/archives/1230984.html

しかし、今振り返ると、本当にいろいろと勉強させて
もらったんだなぁと当時の社長には感謝しておりますです。

残念なのは、当時それに気づけなかったこと。

皆さんは私のような失態はせぬように。


▽▲▽▲▽▲ ご案内 ▽▲▽▲▽▲

新刊「結果を出す人の勉強法」発売中。
現在、立ち読み用PDFを無料プレゼント中!

お申し込みはこちら

 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/


「水野の足跡を知りたい」という人がいらっしゃったので、
『私の成長物語』としてまとめてみました。

 → http://www.mizunohiroshi.com/archives/935139.html


★☆ ツイッター、毎日つぶやいてます。

 → http://twitter.com/mizunohioshi/


★☆ アメブロも始めました

 → http://ameblo.jp/mizunohiroshi/


★☆ 現在、Biz.IDにて連載しています!

 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
 


★☆ 今日のかみさんのネコブログはこちら

 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/
 
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。

新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。

そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。


     ※※ ご理解のお願いです ※※

最近、教材や商品、セミナーメルマガのご紹介依頼を頂くことが
良くありますが、基本的には全てお断りしております。

このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。

面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。