おはようございます。
水野です。

今日は、このメルマガが大きな節目を迎えました!
ですので、それについてお話したいと思います。

では、早速参りましょう!
 
 

  ● お陰様で本日メルマガが1000号を迎えました


めでたきクリスマスイブのこの日、この「1日3分トーク術」が
めでたく1000号を迎えました。

これもひとえに、毎日かなりのボリュームで送られてくる
メルマガをお読み下さった皆さんのおかげであります。


とはいえ、もちろんここまで来るのに、順風満帆、という
訳ではありませんでした。

2005年10月6日に、発行を開始したこのメルマガ、
最初のうちは、週1回発行といいながら、約束通りに
発行できたのは、最初の数ヶ月だけ。

その後は徐々に発行期間が空いていき、しまいには数ヶ月
音沙汰無し、ということもありました。

ということで、2005年から2008年の1月までの
2年とちょっとの間で発行できたメルマガは、わずかに
52号のみ。

しかし、2008年2月4日から、平日日刊にチャレンジ、
さらにその年の大晦日より、完全日刊に変更。

現在は、週末はアンコール版をお送りしていますが、
月曜から金曜までと今年のお盆を除き、毎日書き下ろしの
メルマガを発行する、という流れになっています。


そんな感じで、毎日書き始めて約3年。

やっぱり、発行号数が4桁台に載ったというのは、
感慨深いものがありますね。


でも、そもそも私自身は、何かひとつをコツコツ
続けていけるような性格じゃ無いんですよね。

根性、忍耐、努力、というものとは、一切無縁で
生きてきた人間ですからね。

今も、基本的には、この性格は変わっていません。

そんな私が、紆余曲折はありながらも、曲がりなりにも
メルマガを1000号書き続けたことは、自分自身でも
びっくりしています。


ということで、今日のメルマガでは、そんな私が、
どうして1000号を達成出来たのか、その理由を
考えてみたいと思います。
 
 

  ● メルマガを1000号発行できた理由


と、上でこう書いておいて、色々と理由を考えたのですが、
何せもう、たくさんありすぎて、一本のメルマガだけでは、
書ききれません。

ということで、今回は、あえてひとつの理由を、
上げることにします。

その理由とは、本当に月並みなんですが、


 ★ 失敗することを恐れず何度も挑戦する


ということなんですよね。


何かに対して、継続的に取り組もうとする人の多くは、


 ■ 始めたが最後、後戻りできない


と思って、一歩を踏み出せない人が多いようです。


さらに、勇気を持って踏み出した人も、途中で躓いて
しまうと、「もうだめだ」と思ってそのまま辞めて
しまう人が多いようなんですよね。


しかし、私の場合、1000号のメルマガになった
「1日3分トーク術」のメルマガを発行する前には、


 ・楽々禁煙 たばこをやめて人生に成功する法則

 ・悪習慣をぶっ飛ばせ! なりたい自分になる法則

 ・このポイントをクリアできなきゃ情報起業をあきらめろ

 ・思い通りの人生を築く! セルフコミュニケーション道


というタイトルのメルマガを、発行しては潰してきました。

その間に発行したメルマガは163号。

潰した理由は様々ですが、どのメルマガも、ずっと続けようと
思いながら、最後には書けなくなって、中途半端に辞めて
しまったものばかりです。

でも、潰した後も、それで諦めず、


 ★ 何度もチャレンジする


ことで、やっと5つめで、1000号まで続くメルマガを
書くことが出来たわけです。


もちろんこれは、何かを始めるときだけの話ではありません。

このメルマガを毎日書けるようになった後でも、
悩まずに書けた日は、それほど多くはありません。

自分の中で納得のいくレベルで仕上げることが出来ず、
今日は発行を辞めたいと思ったことだって、何度も
あります。

でも私は、このメルマガは、続ける事に価値を置いて
いますので、出来るだけぎりぎりまで頑張ったうえで、
納得いかなくても発行してしまいます。

そのメルマガは、私の中では失敗作。

読者の受けも良くないかもしれません。

だから、発行しない、という選択肢も、もちろんあるでしょう。

でも、それも分かった上で、あえて発行し、その失敗を
受け入れて次に何とか活かそうとする。

そうやって、失敗しても、うまくいかなくても、とにかく
諦めず、何度もチャレンジをしていく。

そうやって、失敗しても、新たにチャレンジを続けて
いくうちに、紆余曲折はあるものの、自分自身も
成長し、そして気がついたら1000号に達していた、
というのが、本当のところなんですよね。


ですから、続かないと言うことで悩んでいる人は、
ぜひ、失敗しても、何度もチャレンジすればいい、
という気持をもって、取り組んでみて下さいね。
 
 


           今日のトーク術・まとめ

     失敗しても何度もチャレンジすることが続ける秘訣



「でも、そんな風に失敗したら、人に迷惑をかけるのでは?」

と思ってしまう人もいることでしょう。

確かに、今回お話したメルマガだって、無料だとしても、
途中で消えてしまったり、時に納得のいかないものを読ませ
られたりしたら、読者の方にとっても迷惑でしょう。

確かにその通りなのですが、では、そういった迷惑をかける
ことを恐れてしまっていたら、私はきっと、このメルマガを
ここまで続ける事は出来なかったでしょう。

そして、こうやって続けていなかったら、今現在愛読して
くれている読者の方たちと出会うことは出来ませんでした。


自分自身のエゴで起こす行動で失敗し、人に迷惑をかけたなら
責められるところもあるでしょう。

しかし、社会の役に立つ、という意識で起こす行動で失敗し、
迷惑をかけることがあったとしても、その被害がさほどのもの
でもなければ、私はそれは必要悪だと思っています。

実際に、社会で価値ある活躍をしている人たちのほとんどは、
失敗し、人様に迷惑をかけながら、成長をしてきていますからね。


もちろん、迷惑をかけっぱなしで気にするなという訳では
ありません。

直接迷惑をかけた人には、出来うる限り誠意を持って
対応することは必要でしょう。

私自身は、メルマガの内容もさることながら、そういった
失敗も含めてつまびらかに見せていきながら、それでも毎日
皆さんにメルマガを送り続ける姿勢を見せ続けることが、
迷惑をかけた人への誠意だとも思っています。

だから、もし失敗しても、それが致命的で大きな被害を
産まないのであれば、その失敗を恐れずに、何度も
チャレンジすることは、むしろやるべきだと私は思うのです。


この点は、人によって色々意見や考えはあると思います。

ただ、私自身はこう思う、ということを、言葉だけでなく、
行動をもって示し続けることで、今回の1000号を迎える
事が出来ました。

あとは、私のことを見て下っていた、皆様各人のご判断に
ゆだねたいと思います。

その上で、

「一歩を踏み出し、失敗しても何度もチャレンジするぞ!」

という人が出てきたとしたら、私はその人を、心から
応援したいと思います。

頑張って下さい!!


今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。

   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20101224

  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。