こんばんは! 水野です。

自分自身を成長させるとき、

「このままじゃダメだ!」

と思って、気合いを入れ、発憤しようとする人がいます。

また、人を育てる時に、そう言って発憤させようとする人もいます。

この手のタイプの人は、

「そのままの自分でいいんだよ」

といった言葉を聞くと、無性に腹が立つ人が多いようです。

「なに甘ったれてんだ!」

と、

「なんて向上心がないヤツなんだ!」

と、怒り始めるのであります。


しかし「そのままの自分で良いんだよ」という言葉に
憤りを感じながら、「このままじゃダメだ!」と思って
頑張ってる人であっても、実際に成長しない人というのが、
結構いるようなんですよね。

こういう人が、もっとなんとかしないとと思って、さらにそういう
気持ちを強めて物事に取り組んでも、ことは絶対に、もう絶対に
解決しないんですよね。

それはなぜか。

理由は非常に簡単で、


 ■ 「ダメ」の原因が自分にあると解釈し、自分を変えようとするから


なんですよ。


しかし、人間というものは、本質的にはそんなに変わらないんですよ。

考え方や行動は変える事が出来ても、得意不得意といったものや、
昔から持っている資質や本質的な性格というものは、努力した
ところで、そう簡単には変わらないんですよね。

しかし、「このままじゃダメだ」と思っていながら、
事態が改善されない人というのは、


 ■ 変えようがない自分のコアを変えようとしてしまう


のです。

例えて言うなら、背の低い大人が、高いところにあるものを
とろうとするものの、届かない状態にいるとき、

「このままじゃダメだ!」

といいながら、そのままの自分を受け入れず、自分を変えることで
その高いところにあるものをとろうとするようなものなんですよ。

成長期も過ぎた大人が、今さら身の丈を伸ばすことなど出来はしません。

だから、素直にハシゴを使ったり、背の高い人にお願いするなどして、
自分1人の力でどうにかしようとすることをあきらめるべきなんです。

もっとも、これがこのような、物理的、身体的な問題であれば
こんな勘違いをする事は無いのですが、これが心理的な問題と
なると、とたんに当人も周りの人間も分からなくなります。

だから、周りの人から見ると、

「なんでこれくらいのことが出来ないんだ!!」

と言って、助け船も出さずに、その人を平気で責める事もしますし、
もしその人が他人に頼ろうとするものなら、

「甘ったれるな!」

と言って、助けることも避けてしまうことでしょう。

責められる人も、

「なんで私はこれくらいのことすら出来ないんだろう」

と、自分自身を責めてしまったりするんですよね。

で、根本的に、その人自身にどうにも出来ないような問題が
あるにもかかわらず、周りも自分も出来ない事を責めまくって、
事態が全く解決出来ない、という事になってしまうのです。


実は、私自身も、こういったタイプの人間でして、周りからは


「これくらいのことも出来ないでどうする!」

「もっとちゃんとしろ!」

「やる気があるのか!」

「何度言ったら分かるんだ!」

「もっと気配りしろ!」

「なんで人に気を使えないんだ!」

「もっと想像力を働かせたら分かるだろ!」

「自分勝手すぎるだろ!!」


……などと、ずーっと、ずーっと言われ続けて来たんですよね。

で、私はその都度申し訳ないと思うものの、なにがいけなかった
のかが、全く分からないまま、同じようなミスをひたすら繰り返して
しまい、また同じ事に対して、叱られ続けて来たんですよね。

それが、子供の頃から40歳近くなるまで、ずっと同じことを
繰り返し言われ続けて来たんです。

それまで私は、

「このままじゃダメだ!」

と思って、自分の根本を変える努力を続けて来ました。

しかし、どれだけ努力しても、事態はいっこうに変わりません。

当然のことながら、

「そのままの自分で良いんだよ」

などとは絶対に思ってはいけない! 思ったら負けだ!
そう思ってしまったら、自分は一生負け犬のまま変われない!!
と、そう思って頑張っていたんですよ。

しかし、いつまで経っても、人の気持ちは汲めず、当たり前のことも
出来ず、気配りや気を遣うことだって、全く出来ないまま、数十年を
過ごしてしまったんですよね。

そして、38歳の時、それらのツケが溜まりに溜まり、独立をした
ものの、借金を抱えて事業が失敗して、痛恨の痛手を受けて
しまいました。

その後も、そのままの自分を受け入れられず、

「このままじゃダメだ! もっと自分が変わらなければ!」

と思って、自分のコアを変えようと頑張ったのですが、
何をどう頑張っても上手くいかず、傷口は広がるばかり。



そうして、いよいよどうにもならなくなって、とことんまで
追い込まれたとき、私は、


 ★ ああ、もういいや。今のままの、ダメな自分を受け入れよう


と思ったんですよ。

その上で、


 ★ そのままの自分を受け入れた上で、ここから何をしようか?


と、考えて、出来ない事はあきらめて、出来ることだけに絞って
行動するようになってから、事態は大きく変わっていったのです。


今の自分を、単に否定しているだけでは、どれだけ頑張っても、
事態が改善することはありません。

今の自分のあるがままを受け入れた上で、その自分自身を
否定せず、しかし、今の自分自身の置かれている状態を
良しともせず、今あるがままの自分が、今出来ることを
考えて行動する。

こういった考えになったとき、始めて事態は大きく変わって、
あなたの望むとおりの状態に近づいていくのです。

単に出来ない自分を否定するだけでは、事態は全く
かわりません。

それと同じく、単に出来ないその人を、ただただ否定する
だけでは、やはり事態は変わりません。


ですから、自己や当事者を否定をしながら「このままじゃいけない」
と言い続けて、事態が変わらない状態が続いているとしたら、
まずは、ダメで出来ない自分を受け入れ、または受け入れさせた上で、
そんな自分でも出来ることは何か? という事を探して、実践
していくことが、事態改善を計る、大きな一歩となるんですよね。


そうは言っても、上手くいかない自分というものをそのまま
受け入れることに抵抗がある人もいることでしょう。

また、そんなやり方は、そいつを甘やかすだけだ! と言って
この考え方を否定する人もいることでしょう。


ということで、明日以降のメルマガでは、私自身が経験した、
ダメな自分を抱えて頑張っても出来ないジレンマや、
受け入れられない自分を受け入れないことで苦しんだこと、
そして、ダメな自分を受け入れることが出来なかった周りの
人たちの辛い経験などを、お伝えしたいと思います。

公のメルマガで公開するには少々抵抗がありますが、同じような
悩みを持って苦しんでいる人や、私のような人間を育てようとして
上手くいかなくて悩んでいる人たちのお役に立てる事が出来れば、
と思って、あえて告白したいと思います。

ということで、詳細は、明日以降のメルマガにて……
 
 

今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。

   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20131126

  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
● 今週の【やる気を生み出す言葉の定義を考えよう!】

今週のテーマは「残業」であります。

こちらの記事に、テーマの趣旨が書いてありますので、そちらを
お読み頂いた上で、この記事にコメントを投稿する形でお願いします。

http://www.mizunohiroshi.com/archives/1786312.html

皆さまからの、やる気が出るメッセージ、お待ちしています!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 個人セッションを受け付けております。

自分の課題克服や目標達成をテーマにしたマンツーマンの
セッションをご希望の方は、こちらの内容をご確認の上
ご連絡下さい。

http://sp.m-stn.com/order/coach/index.html


● 各種教材販売のお知らせ

自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。

http://www.mstoneshop.com/


● ライブセミナーのお知らせ

現在、自社開催のライブセミナー、また、一般公開の
セミナーの予定はございません。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 編集後記
───────────────────────────────────

なぜこいつは初対面の人に、初激怒をいきなり聞いたんだろう……

603 774RR sage 2013/11/23(土) 01:12:12.27 ID:yiybpK+b
「名前は?」
「メロス」
「へぇ、かわいいね」
「(笑)」
「初めて激怒したのはいつ?」
「18のとき」
「どこでしたの?」
「城下町で」
「その時の相手は誰?」
「邪智暴虐の王」
「激怒するの好き?」
「好き(笑)」