こんばんは! 水野です。

私が企業研修などで扱うテーマのひとつに、

 ■ 高いモチベーションを維持する考え方

というものがあります。

思い通りに事が進まない、自分の考えが受け入れられない、
といったように、仕事が上手くいかない、と感じながら
働いている人は多いことでしょう。

多い、というより、働く人全てが、このことについて頭を
悩ませていることと思います。

で、こういう日々が続いてしまうと、一所懸命頑張る人ほど、
モチベーションが下がり、心が折れてしまいそうになります。

それでも心が折れないようにするためには、もっともっと
頑張らなければいけない。

真面目な人はこう考えて、その通りに頑張ってしまいます。

それで事が上手くいけばいいのですが、その頑張りが、
自分の許容範囲を超えると、心がポキリと折れてしまう。

そして、心の病気にかかってしまい働くことそのものが
出来なくなってしまいます。

これがいわゆる、うつ、というヤツですね。


ですので、モチベーションを高く維持するためといって、
頑張って折れない心を作ろうとするのは、かなりリスキーな
考え方だと思うんです。

私自身、比較的モチベーションが高く維持できてはいますが、
決して、どんな逆境にも負けない、というわけでもなく、
心が折れそうになる自分を叱咤激励するわけでもありません。

それでもなお、比較的高いモチベーションが維持できるのか。

それは、例えて言うならば、


 ★ 心のあり方を、堅い棒ではなく、柳のようになろうとする


といった感じでしょうか。

折れない心を持とう! とすると、絶対に折れないように、ガチガチに
堅い棒のようにしていく、というイメージがあります。

これはこれで、その強さに耐えられる程度の負荷であれば、折れずに
耐えて、その逆境に向かい合えるでしょう。

これは、20代、30代の若いうちで、心も体も健常な人であれば、
こういった頑張りをしていくことで、自分の知識や能力を高め、
素晴らしい成長を遂げることも可能でしょう。


しかし、そうやって、己の心の堅さに寄りかかって、堅い心のまま
生きていこうとすると、その強度を超えた負荷が来たときには、
あっけなくポキリと折れてしまい、二度と戻ることは出来ません。


ですから、ある程度心身ともに鍛えられた人は、適当な段階で、
そんな強さで問題に向かい合い続けるのではなくある段階から、
柳のようにしなやかに、適当に負荷を受け流す力を身に付ける
必要があると思うんですよね。


私自身も、折れてたまるか! と、ゴリゴリ頑張っていた時期も
ありました。

その頑張りは、ある程度のレベルまでは自分を成長させて
くれましたが、そこから先は、苦しみとあきらめた絶望感
しか、自分に与えてくれませんでした。

だから、あるときから、上に書いたように、

「心を堅い棒のようにするのではなく、しなやかな柳のように持とう」

と思って、考え方や生き方を変えることにしたんです。

と言っても、具体的にどうやったら、柳のようなしなやかな
考え方が出来るか、すぐには分かりませんでした。

で、あれこれ考え方の試行錯誤をしていた結果見つけた答えは、
ナニワのお笑い芸人、池乃めだか師匠の名台詞である


 ★ 今日はこのへんにしといたろか


という言葉だったのです。

お笑い好きならば、この名台詞が出てくるシーンをご存じでしょう。

池乃めだか師匠が、いかつい格好をして現れ、町の人に
ケンカを売るんですが、逆にボコボコにされてしまい、
そのあと、むくりと起き上がって言う捨て台詞が、

「今日はこのへんにしといたろか」

という言葉なんですよね。

あれだけ格好つけて登場したにもかかわらず、普通の
人にボコボコにされてまけてしまう。

それでも、負けたことを気にもせずに、あのような
強がったセリフを言う。

傍目に見ていたら、滑稽でおかしいことなのですが、
あの池乃めだか師匠の生き方こそが、柳のように
しなやかに生きる、重要な考え方の見本になると、
私は思うのです。

この考え方を日々の生き方に反映するとしたら、
いったいどうなるのか。

まずは、とにかく今の自分ができる限りの事を、
今日一日、精一杯やり切るのです。

その結果、思い通りにいくこともあるでしょう。
その時はその時で、満足のいく結果を喜べばいい。

しかし、思い通りの結果が得られないこともあるでしょう。

その時は、自分を責めず、今日一日を精一杯取り組んだ自分を
きちんと認めながら、なおかつ求める結果をあきらめずに


 「今日はこのへんにしといたろか」


とうそぶいて、明日もまたあきらめずに求める結果を
出すために取り組んで行くのです。

こういった考え方になってからは、必要以上に落ち込んだり、
心が折れてしまって、やりたいことをあきらめてしまう、と
いった事は、全くといっていいほどなくなりました。

以前の私は、上手くいかないと、心が折れてしまい、

「もういいや」

と思って、その取り組みからすぐに撤退をしてしまっていた
のですから、その時は、もうすぐにモチベーションが下がって
しまい、その気持ちを持ち上がるのに相当の時間がかかって
しまっていました。

でも、この考え方をするようになってから、上手くいかなかった
ときからの立ち直りが非常に早くなりましたし、そもそも必要以上に
落ち込むこともなくなってしまいましたからね。

もちろん、今でも、と言うか、以前に比べれば今の方が、仕事の
領域も広がり、自分1人ではコントロール出来ないような案件が
増えてきて、上手くいかないことも、ストレスフルな出来事も、
めちゃくちゃ増えてきているにもかかわらず、心情的には、
「今日はこのへんにしといたろか」という考えを持つ前よりも、
全然心穏やかで、気持ちも前向きな状況を保てるように
なっています。


ということで、もしあなたが、日々の仕事に対して、心が折れそう、
または心が折れてモチベーションが下がり続けているのならば、
私のように、池乃めだか師匠にならって、たくましく、なおかつ
しなやかな気持ちで、毎日を精一杯後からで、仕事に取り組んで
いきましょうね。
 
 

今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。

   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20131219

  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
● 今週の【やる気を生み出す言葉の定義を考えよう!】

今週のテーマは「コミュニケーション」であります。

投稿は、こちらの記事にコメントを投稿する形でお願いします。

http://www.mizunohiroshi.com/archives/1789867.html

皆さまからの、やる気が出るメッセージ、お待ちしています!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 年末特別セール第1弾

バレーフィールドさんと一緒に作った、士業・コンサル・コーチ
の方たちに向けた教材、

「顧客獲得のためのセミナービジネス実践講座」

が、12月20日まで、2万円引きで販売しています。

※バレーフィールドさんのご厚意で2日間延長となりました!

教材の詳細とお申し込みはこちらからどうぞ

http://skill-up.info/item/35850/2412/


● 個人セッションを受け付けております。

自分の課題克服や目標達成をテーマにしたマンツーマンの
セッションをご希望の方は、こちらの内容をご確認の上
ご連絡下さい。

http://sp.m-stn.com/order/coach/index.html


● 各種教材販売のお知らせ

自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。

http://www.mstoneshop.com/


● ライブセミナーのお知らせ

現在、自社開催のライブセミナーの予定はございません。

水野が講師を務める、または講演をさせて頂く、
一般公開されている、セミナーや勉強会は、
現在ございません。

開催される際は、またこちらでご案内させて頂きます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 編集後記
───────────────────────────────────

今日のネタは笑えない……

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
 :2013/12/10(火) 13:57:21.71 ID:wOgvL+nDi

 焼き鳥屋「ぴよぴよ」を見た時の絶望感