━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 草木も眠る……
───────────────────────────────────

実は今、とっても後悔しているんです。
なぜあんなことを約束してしまったんだろう、と……


現在、時間は深夜12時を回りました。

かみさんはもう寝ています。

今の電気は消え、ついている電気は私の部屋だけです。


そんな状態の中で、私は今、いろんな怖い話が載っている
サイトを一生懸命調べまくっているんです。


いや、別に私は怖い話好きな人間じゃないんです。

むしろ嫌いなんですよ、この手の話。

でも、前々回のメールマガジンで

 「怖い話のポイントはこれだ! というテーマでメルマガ書きますよ」

といってしまった手前、書かないわけにも行かず、
で、どうせ書くならきちんと調べて書かなきゃいけないし、

ということで、あっちゃこっちゃの恐怖サイトを、ドキドキしながら
調べているんです。


本当は、昼のうちに調べものを済まして書き上げる予定だったのに、
急な仕事が入ってしまって、こんな時間になっちゃって……

と、泣き言を言っててもしょうがない。


ここはもう、皆さんにも怖い思いをしてもらいましょう。

怖い話をするポイントをお話しする前に、ぜひこちらのサイトを
ご覧ください。

  → http://www.j-inagawa.com/sale/dvd_sp.html


ここには「稲川淳二の怪談伝説」というDVDのサンプル動画が
ありますので、この画面にある一番右のサンプル動画を見てください。

「林間学校」

という怖いお話しであります。


………………………………
…………………………
……………………
………………
…………

……見ましたか?

それでは、見ていただいた方から、次へお進みください……

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 怖い話は○○○てくる
───────────────────────────────────

さて、

ビビリモードを振り捨てて。


皆さん、この話を聞いてどう思いましたか?

いやあ、やっぱり怖かったですよね。


この怖さの秘密は、どこにあるでしょうか。

もちろん稲川さんの話し方が上手、ということもあります。

でも、もっと重要なのは、


 ■話の組み立て方


にあるんですね。


よく友達同士で話をする怖かった話が、全然怖くないのは、
この組み立てが全然出来ていないからなんです。


例えば友達を怖がらせようとして、


 この間夜歩いてたらさあ、急に変な男の人がいきなり目の前に
 ガァーッと出てきてさあ、もうチョーびっくりして、ギャーって
 さけんだら、にやっと笑って抱きついてきて、チョー怖かったぁ。


なんて話をしたとして、この話、怖いですか?

きっと、ほとんどその怖さが伝わらないと思うんですよ。

聞き手に恐怖の感情を起こさせるためには、怖い話の大原則に
のっとらなければいけません。その大原則とは、


 ★怖い話は近づいてくる様に話せ


です。


先ほどの例がなぜ怖くないのかといえば、恐怖の対象が
いきなり目の前に現れてしまう、ということだと思うんです。


ここで、先ほどの稲川淳二さんの話「林間学校」を聞いてみると、

  ・人づて(生徒)から、謎の女の子の話を聞く
  ・深夜、川の向こうで不審な女の子を目撃する
  ・川に落ちた女の子を助けようと飛び込み近づくと……


というように、恐怖の対象が、遠くから徐々に近づいてくるように
話をしていることがわかるでしょう。

このように、恐怖の対象が、遠くから近くに、徐々に近づいてくる
様に表現することが、怖い話をするときの基本なのです。

この距離の近づけ方ですが、これは単純に空間的な距離だけではなく、
人間関係や時間を近づけていく、というアプローチもあります。

つまり、

  ・他人の話 → 身近な人 → 自分自身
  ・昔の出来事 → 最近の話 →現在の自分
  ・遠い距離 → 近所 → 自分の部屋


というかたちで、怖さの対象物をどんどん近づけていくように
話すのですね。


これにのっとって言うと、さっきの話は、例えば、近所の人が
変質者に襲われた、とか、昔ここで変質者に襲われた人がいた、
といった話からスタートします

で、つい最近友人がその場所で同じ被害にあった話をして、
その後自分がそこを歩いていると、遠くから足音が聞こえて
きて、それが徐々に近づいてきて……

てな感じの描写が入ってくると、さっきの話よりはよっぽど
怖さが増すわけです。


皆さんがもし怖い話をするのなら、この


「近づいてくる話の組み立て方」


に気をつけてくださいね。


……と、ここで終わりにしたいところですが、実は話を怖くする
ためには、もうひとつ大きな要素が必要になるのです。

そして、この要素は、聞き手を怖がらせるだけでなく、悲しませたり、
感動させたり、楽しませたりするといった相手の感情を動かすために
非常に重要なポイントになるんですね。


そのお話しにつきましては、また来週のメールマガジンでお知らせ
いたしましょう!
 
 


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥

           今日のトーク術・まとめ

             怖い話は近づいてくる!
 恐怖の対象を、遠くからどんどん近づけていくように話を組み立てよう!

‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 

ちなみに、次回にお話しする人の心を動かす表現の仕方について、
さらに具体的に実践できるように解説しているメールセミナーがあります。


「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」


というもので、これは怖い話しではなく、自分の魅力をきちんと表現して
読み手、受け手の心を掴もう、というものであります。

現在までのところ、延べ200名近くの人が受講しているセミナーです。

 ↓メールセミナーの詳しい内容はこちらへ。
 http://sp.m-stn.com/sem_bun01_mail01.html


なお、受講生の一人でブログ行政書士としても有名な
横須賀てるひささんも、このセミナーを受講していただき、
感想をインタビューで語ってくれました。

 ↓インタビュー記事はこちら
 http://sp.m-stn.com/jirei/yokosuka.htm


メールマガジンやブログを書いている人、またはこれから始めようと
している人で、ファンを掴んで行きたい人、読み手の心に触れる
話を書きたい人は、ぜひこのメールセミナーを受けてくださいね。

 
=====================================================================
  読み手の心をググッと掴む!人の心を動かす文章の作り方

 ■配信回数  全12回
 ■配信日時  初回配信 入金確認後2日以内 以後毎日一回配信
 ■受講費用  5,000円 (銀行・クレジットカード払い)

 ↓メールセミナーの詳しい内容はこちらへ。
 http://sp.m-stn.com/sem_bun01_mail01.html
 
=====================================================================


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 締め切りまで残り12時間を切ました
───────────────────────────────────

先日よりお知らせしている、


  ★ 1分間スピーチ実践塾 ★


締め切りまで、残り時間12時間をきりました。

現在、参加希望者はまだ2名。最少施行人数の8名まで
あと6名であります。

いやはや、日が迫っての告知とはいえ、予想以上に苦戦しております。
ということで、話力を見につけたい方、ぜひいらしてくださいね。

詳しくはこちらへ
 → http://sp.m-stn.com/seminar/speech/index.php


また、第2回目の開催となります

  ★稼げる! 名刺交換戦略構築セミナー★

も、募集を開始いたしました!

メルマガ読者向けの特別価格であります!

 → http://sp.m-stn.com/seminar/meishi/index.php?sid=3t

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 書くマーケのホリさんのセミナーに行ってきました。
───────────────────────────────────

先日、マーケティングライターのホリさんこと堀内さんの名刺セミナーに
参加してきました。

私も名刺交換戦略構築セミナーなるものをやっているんで、お互い
情報交換しましょう、ということで。

で、参加してきましたが、面白かったですねぇ。

私のセミナーが名刺交換を足がかりにした戦略論だとしたら、
ホリさんのセミナーは、いかに名刺に仕事をさせるか、という
戦術論を掘り下げるセミナーといえばいいんでしょうか。

私ももう少し名刺を何とかしたいなあ、と思ってたんですが、
もうタックさんヒントをもらって帰ることが出来ました。

ということで、感謝の意もこめてホリさんのメールマガジンのご紹介を。


「書く」マーケティング
http://www.mag2.com/m/0000124205.html


私は基本的にトークを主体とするなら、ホリさんのメルマガは
タイトルどおり「書く」ことがメインとなっています。

これからのビジネスマンは、「書くスキル」「話すスキル」が
求められていますんで、私のメルマガとホリさんのメルマガを
併読すると、もうばっちりですよ!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 編集後記
───────────────────────────────────

いやはや、怖い怖い。

夜中にこんなテーマのメルマガなんて書くもんじゃないですね。

静かな部屋で、しんみりメルマガ書いていると、時々部屋が


     ミシッ!!


と、音を立てたり……

カップ焼きそばを食べてもいないのに、台所で


     ボコン!!


と音が鳴ったり……


うわ! 今、部屋の向こうに人影が!!


……と思ったら、トイレに起きたかみさんだったり……(^^;;


……怖いからもう寝ます(^^;;


でも、このメールマガジンの配信は、


   ■草木も眠る丑三つ時■


に、皆さんのお手元に届くように、配信予約をしておきます……


(ていうか、単に発行が遅くなっただけという話も(^^;;)